Bリーグ

超高校級 河村勇輝選手特別指定選手契約終了「最初のチームが三遠ネオフェニックスで良かった」


超高校級 河村勇輝選手特別指定選手契約終了「最初のチームが三遠ネオフェニックスで良かった」

ウィンターカップで2連覇して鳴り物入りでBリーグでプレーしていた、河村選手が今春大学進学の為所属していた三遠ネオフェニックスと特別指定選手契約が終了した。
高校生でありながらBリーガーの中でポテンシャルを見せた。
日本のバスケファンの期待に十分応えた。 Bリーフでの成績も素晴らしかった。

B.LEAGUE 2019‐20シーズンB1リーグ戦個人スタッツ
出場試合:11試合
平均得点数:12.6
平均トータルリバウンド数:2.0
平均アシスト数:3.1
平均スティール数:1.5
フィールドゴール成功率:38.9% 3ポイントシュート成功率:37.3% フリースロー成功率:76.7%

大学に進学するものの、河村選手の進路は大きく変わることもあり得る。
日本代表のポイントガードになることが目標にしているので、あらゆる可能性があるので今後も注目していきたい。

河村勇輝 2019-20シーズン 三遠ネオフェニックスでの軌跡

■河村勇輝選手コメント

皆さんこんにちは。三遠ネオフェニックス0番河村勇輝です。
クラブから発表がありましたように、今回特別指定選手の活動を終えることになりました。
最後の試合が無観客試合となってしまい、自分としてもモヤっとしている気持ちはありますが、
画面越しからの声援が本当に届いて最後勝って終えることが出来ました。
そして、ファンやブースターの皆さんに最後勝利を届けて終わることが出来て、本当に良かったです。
今回、高校生でありながらプロとしてプレーする縁を与えてくださった中村和雄先生、井手口孝先生、
陸川章先生、本当にありがとうございました。
そして声を掛けてくださった三遠ネオフェニックス北郷社⾧、鹿毛GM、河内HC、本当にありがとうございました。
そして、こんな自分を受け入れてくださったチームメートの先輩方、本当にありがとうございました。
そして、スポンサーの皆さん、ブースター、ファンの皆さんの声援のお蔭でこの2か月間頑張ることが出来ました。
本当にありがとうございました。
最初のチームが三遠ネオフェニックスで良かったと本当に思っています。春から大学生になってしっかりと頑張ります。

 

背番号:0
ポジション:PG(ポイントガード)
出身校:福岡第一高等学校(2020年3月卒業)
出身地:山口県
生年月日:2001年5月2日
身⾧:172cm
体重:63kg


主な経歴:
・FIBA U16アジア選手権大会2017 日本代表第6位(2018年4月開催)
・FIBA U18アジア選手権大会2018 日本代表第5位(2018年8月開催)
・平成30年度第73回国民体育大会バスケットボール競技少年男子の部優勝
・SoftBankウインターカップ2018 平成30年度第71回全国高等学校バスケットボール選手権大会 優勝ベストファイブ
・令和元年度全国高等学校総合体育大会バスケットボール競技大会優勝
・SoftBankウインターカップ2019 令和元年度第72回全国高等学校バスケットボール選手権大会 優勝ベストファイブ
・B.LEAGUE B1 最年少出場記録および最年少得点記録(2020年1月25日)(18歳8カ月23日)

Bリーグニュース大学
J basket

J basketライター

J basketは編集長Jによるバスケットボール専門のwebメディアです

twitter : @jbasket_web
Instagram : @ jbasket_web