NBA

[NBA]八村塁チーム最多27得点、ダンク5発で勝利「ラスから毎試合挑んで同じパフォーマンスをどれだけ出来るか学んでいる」

[NBA]八村塁チーム最多27得点、ダンク5発で勝利「ラスから毎試合挑んで同じパフォーマンスをどれだけ出来るか学んでいる」

3日(日本時間4日)
ペイサーズ141-154ウィザーズ
キャピタルワンアリーナ
1Q 31-36
2Q 35-46
3Q 36-40
4Q 39-32

プレーオフ進出に向けて最後まで負けられない試合が続くウィザーズは、東地区全体10位につけていて、154―141でペイサーズに勝って30勝35敗にする。残り7試合でペイサーズに0・5ゲーム差に詰めて、11位のラプターズ(27勝38敗)には3ゲーム差をつけた。

八村塁 NBA通算100試合目
20得点以上は今シーズン10回目。
左膝ケガ復帰後5試合連続2桁得点。

31分出場
27得点(FG12/19 3P1/2 FT2/2)
7リバウンド 2アシスト

ウェストブルック
今シーズン32回目、通算178回目トリプルダブル
14得点 21リバウンド(キャリアハイ)24アシスト
ビール 26得点

 

八村塁試合後会見
出だしから良い感じで出来てオフェンスでは160点くらい取ったので良かったんじゃないかなと思います。みんなでシェア出来て9人で2桁得点できた。ウェストブルック24アシストはすごいし、軽くやっているように見えるのが凄いなと思う。
ペーサーズ(順位が1つ上)に勝てたのは大きいですね。プレーオフに向けて目指している中で、そこでそういう相手と戦ってしっかり勝つことができて、次の試合も大事な一戦になると思います。

(チーム最多27得点は)
最初はシュート落としてたけれども、ラスとのコンビネーションもうまくいって良かった。ダンクもラスの良いパスが来て得点出来たんじゃないかなと思います。ラスからのパスでアリウープが1番良かった。気持ちよかった。

(ブルックスHCがラスが八村をより早く成長させているといっていたことについて)
そうですね。プレー面でもオフコートでもよくラスと話しますし、リーグでベストプレーヤーとしてどうやっていくかとか、毎試合挑んで同じパフォーマンスをどれだけ出来るかとか真横にそういう選手がいるので、ずっと一緒にプレーしてきて学んでいる。

(次の6日ラプターズ戦渡邊雄太選手との対戦について)
楽しみですね。今シーズン1回もやっていないので。ラプターズも大事な一戦になると思うのでそこもしっかり勝ちたいと思います。

(アグレッシブにプレーすることについて)
アグレッシブになることによってバスケの感覚がそのまま出てきているんじゃないかなと。リバウンドもディフェンスもオフェンスもそうですし。アグレッシブになることでやりやすくなっているんじゃないかなと思います。

(前試合での負けからの切り替えについて)
気持ちも重たくなることもある、NBAのいいところは次の日、またはその次の日に試合があるので負けを引きづらないで切り替えてやることがやることが大事なので、今日は自分も含めてチームでできたと思います。

(NBA通算100試合目について)
もっとプレーしているように感じる(笑)
まだ100試合なんですね(笑)

NBA海外
編集長J

編集長Jライター

Basketball Journalist / Podcaster
Bリーグ、NBAの情報を配信。ミスターバスケットボール 佐古賢一氏と20代前半に出会いバスケに感銘を受けて20年以上自身もバスケをしている。

twitter : @jbasket_web Instagram : @ jbasket_web