NBA

#NBATogether NBA選手のスペシャル動画を見ながら自宅でバスケトレーニングや支援


この厳しい状況の中NBAは常に世界中にメッセージを出して、希望を送っている。
NBAから活動報告を頂いたので掲載します。

現在、新型コロナウイルスの影響でシーズンを中断しているNBAですが、世界中で厳しい状況が続く中、ファンの皆様、そしてコミュニティの力となれるよう選手、チーム、NBAは様々な活動を行っています。いくつかの活動をご紹介させていただきます。

◼️「Jr.NBA at Home」
公衆衛生当局や感染症の専門家が推奨するように、社会的距離を離すことはコロナウイルスの蔓延を最小限に抑えるための重要な方法ですが、長期間家にいることは難しいことも認識しているNBAは”NBA Together”の一環として、「Jr.NBA at Home」は、NBAプレーヤーとWNBAプレーヤーを特徴とするバスケットボールスキルとドリルを提供するインタラクティブなコンテンツシリーズで、世界中の若いプレーヤーがアクティブで安全に健康的な方法でゲームを開発できるように、限られたスペースで個別に完了することができます。
スキル開発、身体活動、キャラクター開発を促進するための訓練、活動、および指導を提供する、世界中のJr.NBAソーシャルチャネル(Facebook、Twitter、Instagram)に毎日投稿されている活動をしている。

 

NBA選手のスペシャル動画を見ながら自宅でバスケトレーニング
ここから見れる
https://jr.nba.com/jrnbaathome/

NBA・WNBA選手やコーチが動画でバスケのスキルを教える「Jr. NBA at Home 」シリーズをローンチ。新しい動画を毎日投稿!自宅の限られたスペースで1人でもバスケトレーニングが楽しめます。
・アトランタ・ホークスのトレイ・ヤング選手が自宅での練習法を伝授。丸めた靴下を選択物入れに投げ込むシューティング
・ボストン・セルティックスのサム・タウ コーチがラインホップドリルのやり方を伝授! 地面にヒモを置いて飛び越えよう
・クリーブランド・キャバリアーズのラリー・ナンスJr.選手が自宅でできる“ランジ”を伝授!前足のひざがつま先を超えないように気をつけよう
・Jr. NBAの Vanja Cernivec さんが教える、ひざを折って行なうサイド・プランクの方法。左右両方やってみよう
その他にも、たくさんの動画を配信しています。

 

#NBATogetherLive 選手が登場するさまざまな映像をYouTubeにて配信中

・ゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリー選手が、米国立アレルギー・感染症研究所(NIAID)のアンソニー・ファウチ医師との新型コロナウイルスに関する質疑応答を自身のインスタグラムでライブ配信。30分間に及んだこの質疑応答は5万人が視聴。
https://www.youtube.com/watch?v=iuX826AGXWU

・サンアントニオ・スパーズのデマー・デローザン選手は、自宅隔離生活で健康的に過ごす方法について、臨床スポーツ心理学者のケンサ・ガンター博士と対談。https://www.youtube.com/watch?v=KCJ8ZkbO7dU

 

コミュニティ支援
NBAの選手やチームは、新型コロナウイルス被害を受けたコミュニティやNBA関連のスタッフを救うため、NBA選手は様々な方法で支援を行っています。
詳細はこちら。
https://cares.nba.com/nbatogether/actsofcaring/

自宅隔離中の選手は各自のSNSを通して、ファンとの交流やおうち時間を楽しむ様子を発信。
・ダラス・マーベリックスのドワイト・パウエル選手はFaceTimeを通して読み聞かせをしファンと交流。
https://www.instagram.com/p/B-VzqfBDwhr/?utm_source=ig_web_copy_link
・ボストン・セルティックスのエネス・カンター選手はランニングマシンを使用しておうち時間を楽しんでいる姿を公開。
https://www.instagram.com/p/B-TFL4khv-E/?utm_source=ig_web_copy_link

NBAニュース海外
編集長J

編集長Jライター

Basketball Journalist / Podcaster
Bリーグ、NBAの情報を配信。ミスターバスケットボール 佐古賢一氏と20代前半に出会いバスケに感銘を受けて20年以上自身もバスケをしている。

twitter : @jbasket_web Instagram : @ jbasket_web