大学

【大学バスケ】白鷗大が最終戦国士舘大に勝利してオータムリーグ初優勝を飾る

【大学バスケ】白鷗大が最終戦国士舘大に勝利してオータムリーグ初優勝を飾る

8/20から始まった秋のリーグ戦はおよそ2ヶ月半の長い戦いは、3年ぶりに全日程、全試合を開催できた。
最終日に首位にいる白鷗大はこの試合に勝利すれば、オータムリーグ初優勝がかかっていて、国士舘大にしっかり勝利して優勝に輝いた。また、アンダーカテゴリーで日本代表選手や3×3で日本代表選手がいる大会なので見応えある試合が沢山あった。

10/6(日) 駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場
白鷗大 96-74 国士舘大
1Q 29-17
2Q 16-16
3Q 23-16
4Q 25-25

<白鷗>
#25 ジョエル モンガ 21得点 10リバウンド
#2 脇真大 13得点 4アシスト
#35 ミサカボ ベニ 10得点

<国士舘>
#97 関矢和冬 19得点
#9 大滝唯人 18得点

国士舘のスリーポイント、白鷗キダビングもペイントで得点と両チームはスムーズに入る。そしてチームを率いる脇がドライブ、モンガがリバウンドで絡んでいく白鷗の得意の展開を見せる。更に脇のダイブから得点して徐々に国士舘を引き離していく。
国士舘もアウトサイドから決めてしっかり白鷗に対応している。それでも白鷗はインサイドを徹底して攻めて29-17とリードして1Q終える。

メンバーを変えても白鷗のフィジカル強いディフェンス、オフェンスは変わらずの中、国士舘もなんとか得点して追い上げる。このクォーターどこまで追い上げていくかが重要になる。

ハードなディフェンスから国士舘が中々得点追加できなく、白鷗は更に点差を広げていく。国士舘がブレイクを出して追い上げるとタイムアウトで修正する白鷗は45-33とリードして折り返す。

後半国士舘はスリーポイント決めて、追い上げ得点重ねて10点差まで追い上げる。ここから白鷗はオールコートでディフェンスから仕掛けていき、じわじわと得点差をまた広げていき底力を見せる。

白鷗の安定したオフェンスとディフェンスで点差がついて4Qに入るも、お互いリーグ戦の最終試合で、熱く激しく闘う。白鷗はドライブからキックアウトそしてオープンを狙う速い展開を終始見せる。
リードをしっかり守って最後は93-74で白鷗が国士舘を破り、秋のリーグ戦、オータムリーグで初優勝に輝いた。

 

1部リーグ戦最終結果

優勝🏆白鷗大学
準優勝 専修大学
3位 東海大学

4位 大東文化大学
5位 日本大学
6位 筑波大学
7位 中央大学
8位 日本体育大学大学
9位 神奈川大学
10位 拓殖大学
11位 明治大学
12位 早稲田大学
13位 国士舘大学
14位 青山学院大学

 

大学
J basket

J basketライター

-バスケットボールwebメディア

twitter : @jbasket_web
Instagram : @ jbasket_web